« 連日の | トップページ | 平穏になればいいが »

2018年6月16日 (土)

急ぎ足で今週3回目の更新を

W杯を今朝ちらっとみてました。

ロナウドのスーパーゴールにしびれました。

あのフリーキックはキャプテン翼です。すご!

日本は来週火曜日21時に初戦を迎えます、

さすがにこれは僕も眠い目こすりながらみます。

では今日の更新を。

自宅のある区内に新しい歯科医院がオープンするので、

宣伝チラシが入ってたり、実際偶然その前を通ったりしていたので、

親に冗談で、行ってきてみてよ。と言ったら、

本当に行ってくれました(笑)

どうだった?と聞くと、

あんたのクリニックと同じように、水にこだわっててたという事と、

あとはCTとかユニットがえらく高そうな物が入ってて、

これはお金取られるなあ ってイメージとのことでした。

院長先生は?と聞くと、

親切に説明はしてくれたし、人柄も悪くなさそうだ と言っていて、

ああ、それなら患者さんもたくさんくるかもね と僕は思いました。

今回の更新の主旨はそこではなくて、

ふと思ったのですが、その院長先生も例外なく、

患者さんの立場にたって、治療をします と言っていたとのことで、

たしかに僕もそんなことを言っていたかもな と思いましたが、

でも実際、毎日クリニック運営をしていて、

本当に患者さんの立場に立ってる、という立てるだろうか と考えると、

それは無理だろうと思うのです。

仕事だけでなく、相手の気持ちになって、とか相手の立場に立って考える

これは無理ですし、

例えば、落ちこんだり悩んたりしてる人に、気持ちは分かるよとか

いっても、分からんですよね。

だったら、どうするか、やはり

分からないけど、ちゃんと聞く、フラットに聞く。受け入れる。

そしてその人が色々話す事で元気になってもらったり、

ふわっと励ますことができることが いいのではと。

患者さんの立場に立つのではなく、

患者さんの話したい事、訴えたいことを聞き、受け入れ、

気持ちにできるかぎり寄り添うことができればいいなあと思います。

仕事では自分の感情は一切排除して、受け入れる。

むずかしいことですけども。

患者さんに信用される、信頼されることは

話しをちゃんと聞くこと。 

結果はたぶん、その患者さんの気分が良ければうまくいくし、

そうでなければダメなのかなあ とさえ思います。

前から書いていますが、

とにかく相手の気持ちがよくなるようにすることが、

すべてにうまく回る秘訣ではなかろうか。

今日も実践してみます。

ではまた来週

« 連日の | トップページ | 平穏になればいいが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48760/66835302

この記事へのトラックバック一覧です: 急ぎ足で今週3回目の更新を:

« 連日の | トップページ | 平穏になればいいが »